2014年07月30日

Delphi VCL Style変更後の、コンポーネントのカラーを個別に変更する方法

Style変更後の、コンポーネント(例えば、Editなど)のカラーを個別に変更する方法
Styleを適用すると、フォームに、Edit1、Button1を配置して、

procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
begin
Edit1.Font.Color:=clRed;
end;

としても、Styleでの、カラーが有効となり、Edit1のフォントのカラーが変更されません。
コンポーネントごと、個別に、対応する方法は
StyleElementsの、プロパティ、[seFont,seClient,seBorder]を[]に変更することで、可能です。
10551004_713427392039816_5478465309991133363_n.jpg

posted by a23 at 13:50| Comment(0) | 012 VCL
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: