2014年09月27日

RAD Studio勉強会@Osaka


郵便番号CSVの取り込み SQLite + FireDACを使用して、
VCL → FireMonkeyデスクトップ → Android実機へ移行をやってみましょう。
XE5で作成/実行しています。



1. VCLフォーム アプリケーション、サンプルをダウンロード可能ですので、事前に、ご覧いただけます。(11_POSTAL_CSV.zip)
Rad1.jpg


      実行手順
    (コンパイルに成功したら、実行します。)
  
1.接続 ボタンを押す。
  2.Create Table ボタンを押す。
  3.Open ボタンを押して、CSVファイルを選択(KEN_ALL.CSV や 27OSAKA.CSV など) 
  4.CSV import  ボタンを押して、取り込み。 (27OSAKA.CSV 3,800件の場合、時間は?) 
  5.530-0001 が表示されている状態で、Selectボタンを押して、住所が表示されれば、成功です



2. (上記VCLをFireMonkeyへ移行) FireMonkeyデスクトップアプリケーションに。
rad2.jpg

3.  (上記はFireMonkeyをモバイル実機へ移行) Andoroid実機(Nexus7)で、実行までを、ハンズオンで、やってみましょう。
Rad3.png



4. SQLiteBrowser(データ閲覧に使用するかもです、なくても大丈夫です)
SQLite3.jpg

5. RAD Studio勉強会@Osakaのお申し込みは、
メールアドレスで、お申し込みの場合は、匿名です。
FaceBookやTwitterなどのアカウントで、思い込みの場合は、右側に表示されます。
rad5.png


posted by a23 at 15:30| Comment(0) | 099 Rad-studio@osaka勉強会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: