TStringHelper

Delphi XE3 から新たに追加された TStringHelper。
このレコードヘルパには便利なメソッドがたくさんありますが、1つだけ注意が必要です。
次のコードを実行した場合、Edit2 にはどの様に表示されるでしょうか?
Edit2.Text := 'This is a string.'.Substring(5, 2);
正解は、「is」です。
DelphiのCopy関数などは開始位置は1からでした・・。
しかし、Substringメソッドの例示のように、このレコードヘルパでは、開始が0からとなります。
レコードヘルパで文字列がメソッドを持つようになり非常に便利ですが、長年Delphiを使ってきた人には注意が必要かと思います。
From Delphi Talks
posted by a23 at 09:10| Comment(0) | 012 VCL

ColorSelect in Delphi XE5

ColorSelect in Delphi XE5続きを読む
posted by a23 at 09:06| Comment(0) | 012 VCL