2016年08月24日

Delphi / C++Builder 10.1 Berlin Starter Edition 無償 DL 開始 (期間限定)



Delphiのみをインストールして、後からC++Builderをインストールしたい場合の画面遷移

1.
051.png
2.
052.png
3.
053.png
4.
054.png

5.
055.png
6.
056.png
7.
057.png
8.
058.png
9.
059.png
10.
060.png
11.
061.png
12.
062.png
13.
063.png

14.
064.png
15.
065.png
16.
066.png
17.
067.png

タグ:無償 Delphi
posted by a23 at 13:00| Comment(0) | 001 インストール

2016年03月28日

UPX圧縮

の懇親会で、少し出ていた話で、EXEサイズを、縮小する方法で、RTTIを、はずす。
Delphi Forumの記事から、やってみたのですが、XE8では、あまり変わらずでしたので、

UPX圧縮を、チャレンジ
RAD Studio Osaka FB Groupで、質問投稿などを、しながら、実際に、実行してみる。


http://upx.sourceforge.net/から、ダウンロード。
000.png


1. ファイルをダウンロード。
001.png
2. 解凍します。
002.png
3.  場所を選択。
003.png
4. 解凍した、フォルダの中身。
004.png
5. test1.exe サイズが、3Mオーバーです。
005.png
6. パラメータなしで、実行してみます、 upx test1.exe
006.png
7. 圧縮されました。
007.png
8. 890KBなので、1/3程度になっています。
008.png
9. DEKOさんに、教えていただいたパラメータで実行。
UPX --best --crp-ms=999999 [EXEファイル名]
UPX --best --crp-ms=999999 text1.exe
009.png
10. 同様に、1/3程度になっています、必要に応じて、パラメータを設定しましょう。
010.png

UPXで、圧縮したEXEは、そのまま、解凍せずに、実行できます。

ただし、
『UPX を含む EXE パッカーを使うと、確かに実行ファイルのサイズは縮むのですが、ウィルス対策ソフトに誤検知される確率が高くなります...』(2016/03/28 DEKOさん談)
とのことでした。

ちなみに UPX でパックした EXE は、
UPX -d [EXEファイル名]
でアンパックできます。

Windows:フォルダ内のファイル名一覧を取得(出力)するには

Dir /b C:\Users\YamadaTaro\Desktop\Works   >C:\File.txt
posted by a23 at 18:36| Comment(0) | 099 Rad-studio@osaka勉強会

2016年03月17日

エディタで表示 (フォームとして表示)日本語キャプションの文字表示

Delphi XE8
エディタで表示 日本語キャプションの文字表示

ボタンのキャプションに 登録 

001.png

  Caption = #30331#37682 (コードで表示される)
002.png

これを、日本語表示にするには、


posted by a23 at 15:30| Comment(0) | 012 VCL